『見える化 強い企業をつくる「見える」仕組み』を再読


▼『見える化 強い企業をつくる「見える」仕組み』 遠藤功

見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み

見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み


これを最初に読んだのは、いつのことだっただろう。おそらく社会人になってからだと思う。


最近Plan - Do - Check - Actionのうち、特に「Check」をいかに機能させるかに苦慮している。データベースを構築したが適切な改善策はおろか、情報共有さえ不十分に感じている。何かヒントになるのでは?と思い、本書を手にしたというわけだ。


のっけから、


共通のデータベースをつくれば、情報は共有され、事業部間での協力も進展するだろうという思惑であったが、実際には、データベースを自主的に検索し、さまざまな情報を得ようとする技術者は少数だったのである。(中略)


ITによる「見える化」の多くは、「見てくれるはず」という甘い期待を前提にした仕組みである場合が多い。「見よう」という意思のある人にとっては、それはきわめて有効な仕組みだが、大多数の見る意思のない人間にとっては、「見ない化」「見えない化」になってしまうリスクを抱えている。(中略)


それぞれの職場において「見える」工夫を行なったうえで、一人ひとりがその「触覚」を磨き、変化に敏感な人をつくり出すことこそが「見える化」の本来の目的である。

という部分で「アウト」を宣告されてしまい、そもそも僕自身の思惑を見直す必要があるなと感じた次第。


見える化」のカテゴリーは「問題」を中核に「経営」「状況」「知恵」「顧客」の5つに大別される。多くは本書に譲るが、企業活動における「見える化」を、構造的・体系的に整理し、「見える化」が企業活動に及ぼすインパクトの大きさと可能性を常に意識しながら、週明けの業務に取り組んでいければと思う。

2013年10月ランニング総括

前月もやりました、月間のランニング総括。


10月も最低ノルマの100キロは走れました。今日もさくっと5キロ走って、110キロです。10月前半は仕事だったり台風だったり遊び過ぎたりで、なかなか走れなかったけれど、後半挽回しました。2日連続15キロという日もあった・・・。


11/3(日)の足利尊氏ハーフマラソンが、今シーズンの初陣。ハーフマラソンは約1年ぶり。昨年12月は惨敗だったので、今回は自己ベスト狙いたい。つくばマラソンに弾みがつきますように・・・!


新しいランニングシューズ買いました

新しいランニングシューズというのは、いつだってワクワクするものです。ニューバランスのminimus MR10、五反田ABCマート アウトレット店にて4,990円なり!



今年はadidas boostに次いで2足目。レース用ではなく、あくまで日々のトレーニング用で買ったつもりなのだけど、短い距離のレースだったら使ってみようかな。


NB minimusコンセプト

短編小説『星とビール』を電子出版しました。


TwitterFacebookや、もう一つのブログなどで告知をしていますが、ずーっと更新している本ブログでも。


短編小説『星とビール』を電子出版しました。https://itunes.apple.com/jp/book/xingtobiru/id721807606?l=en&mt=11


それぞれの章のタイトルは、

  • 星とビール
  • ベーコンエッグトースト食べたい
  • 山の王子
  • 隣の女
  • パイプライン
  • 別れ話は、駅前のベンチで
  • 風に吹かれて


無料で配信しています。iPhoneiPod touchiPadから読めますので、ぜひダウンロードしてください!

2013年9月ランニング総括

いよいよ明日から10月。長距離ランナーにとって、待ちに待ったシーズン・インなわけです。


僕も既に11月に足利尊氏公マラソン(ハーフ、足利)、つくばマラソン(フル)の2つのレースが決定しています。


Facebookで「今年は【ガチ】で走ってます」と宣言し、春先に自己ベスト更新の3:34:37を叩き出したものの、春から夏にかけての走り込み不足。暑さが残る9月に、何とか月間100キロをこなしました。


「走れる身体」にするためには、当然筋力強化が求められるのですが、へたった足腰の状態で走るのは超危険。怪我の原因になります。ゆっくり、ゆっくり、ジョグのペースを保ちながら走った9月でした(本当は「歩く」トレーニングもしたかったのだけど、時間が取れなかった。残念)。


「ゆっくり走る」というのは案外、大変。普段であれば10キロ50分で走れるのに、敢えて10キロを70分で走る。長い時間走るということは、疲れますよね。それでも、マラソンに必要なのは速筋でなく遅筋。地味で地道なジョグで、「走れる身体」をつくることは大切なのです。


しかし、9月は持病だった喘息が再発して、半月ばかりは咳に苦しめられました。仕事もプライベートも不調、思い返すと、ろくなことがない月でした。何だか慢性的な金欠にも苦しめられたし(何であんなにお金が出ていってしまったんだろう)。


加えて、9月は走るには中途半端な季節。昼間はまだ暑いので、時間帯によっては烈しく疲弊してしまいます。烈しく疲弊するとどうなるか・・・。走りたくなくなるわけです。笑


褒めるべきは、9月は、30日中14日は走ることに費やしたこと。「5キロ」くらいを地道に、地道に走り続けて、何とか「100キロ」という距離を積み上げたわけです。もちろん、距離を走ることが大事なわけではありませんが、「100キロ」という数字は良い意味でマイルストーンになるようです。



Nike+」というアプリを使い始めたのは2013年に入ってからなのですが、今年の2月は「161キロ」も走っていたようです笑。そのときは気付きませんでしたが、休日には「20キロ」くらいの距離をバンバン走っているので、相当「走れる身体」になっていたんだと思います。走りやすい気候だし、まだ若い証拠ですやね。


繰り返しですが、「今年は【ガチ】で走ってます」。ということで、レースもガシガシ参加する予定です。まずはフルマラソンで3時間半を切れるよう走り込みます!

今、甲府です

年始には「毎日書こう!」と思っていた本ブログですが、1度更新が止まるとダメですね。何と3ヶ月もおざなりでした・・・。


考えていることにまとまりがなくても、やっぱり書かなくちゃ。


頭の中でぼんやり思っていることも、アウトプットしないと消えちゃう。深掘りしなくなる。


さて、今、甲府です。「山梨出張」と銘打ってGive and Giveを目論んでいたわけですが、ところがどうして、Take and Takeな連続でした。僕ばかりが吸収して有り難いのですが、相手にもメリットになるよう頑張らなければ。


間もなく転職して半年が経過しますが、仕事や役割も少しずつ理解してきました。


しかし、良い意味で、与えられている仕事や役割を越えて、付加価値を提供しなければ。不器用でも不細工でも良い、とは言いませんが、まだもうちょい与えられている20代という特権を、遮二無二なって活かし、七転八倒つづけたいと思います。


GoogleさんのRSS Reader、6月末で終わってしまうみたいですが、引き続き本ブログも購読いただけますと幸いです。


更新、がんばるぜと。